【ジュニア】バドミントン初心者を指導する時のポイント | スポーツ上達法

【ジュニア】バドミントン初心者を指導する時のポイント

ジュニア(小学生)向けバドミントン初心者指導 スポーツ上達方法
この記事は約2分で読めます。

バドミントンは身体全体を使うスポーツであり、小学生の頃から始めると身体能力や運動能力を向上させるだけでなく、集中力や判断力を鍛えることができます。ここでは、バドミントンの初心者である小学生を指導する際のポイントをご紹介します。

基本のフォームから始める

バドミントンは細かな技術が要求されるスポーツです。初心者の子供たちには、まず正しいフォームを教えることが重要です。ラケットの持ち方、スイングの仕方、シャトルの打ち方など、基本的なフォームから始めましょう。

ルールを理解させる

バドミントンのルールを理解することは、試合を楽しむために必要不可欠です。サービスの仕方や得点の仕組み、コートのラインの意味など、初心者でも理解できるように分かりやすく説明しましょう。

基礎体力を育てる

バドミントンは、素早い反射動作と持久力が求められます。ジョギングやスクワットなどの基本的な体力作りと、足腰を鍛えるトレーニングを行うことで、バドミントン特有の動きに対応する体力を育てます。

楽しみながら学ぶ

小学生は、楽しみながら学ぶことでより良く吸収します。練習をゲーム形式にしたり、チーム対抗で行うなど、楽しみながら技術を学べる環境を作りましょう。

忍耐力と粘り強さを育てる

バドミントンは、一瞬の判断と長時間の集中力が求められます。練習を通じて、子供たちに忍耐力と粘り強さを身につけさせましょう。

フェアプレーの精神を教える

スポーツマンシップは、どのスポーツでも大切な要素です。勝つことだけを追求するのではなく、フェアなプレーを心掛け、相手を尊重することの大切さを教えていきましょう。

まとめ

以上が、バドミントン初心者である小学生を指導する際のポイントです。子供たちが楽しみながらバドミントンの技術を学び、健康的な身体を育て、精神的にも成長できるよう、適切な指導を心掛けてください。

子供を一流バドミントン選手にしたい指導者や親御さんへ

普通の小学生を全国レベルに引き上げる独自の練習方法知りたくないですか?

詳細はこちらをクリックまたはタップ

タイトルとURLをコピーしました