【走高跳上達法/指導法】今より高く飛ぶ練習法とは? | スポーツ上達法

【走高跳上達法/指導法】今より高く飛ぶ練習法とは?

走高跳上達法/指導法 陸上
この記事は約2分で読めます。

走高跳(走り高跳び)は、速度、力、技術の3つが絶妙に組み合わさった陸上競技の一つです。これらをバランスよく鍛えることで、あなたの走高跳のレベルアップにつながります。それでは具体的な練習法と指導法を見ていきましょう。

体力と筋力の向上

走高跳は、粘り強さと爆発力が必要とされるスポーツです。体力作りの一環として、距離走やスプリントを取り入れると良いでしょう。また、高く飛ぶためには脚力が必要です。スクワットやジャンプトレーニングを行うことで、脚力を鍛えることが可能です。

技術の習得

走高跳には、独特の技術が必要となります。棒を跳ぶ際の体の回転や腕の使い方など、一つひとつの動作を細かく見て、正確な動きを身につけることが重要です。具体的には、バーに近づくまでの走行フォーム、跳躍時の体の捻り方、棒を越える際の体の形などを繰り返し練習しましょう。

メンタルの強化

走高跳は、成功と失敗がはっきりと分かれる競技です。失敗を経験した際も、自信を失わずに次に活かす強いメンタルが必要です。メンタルの強化には、自己肯定感を高めるトレーニングやリラクゼーションテクニックなどが有効です。

指導法

走高跳の指導には、個々の特性を理解することが必要です。例えば、体力や技術のレベル、身体能力などを考慮し、それぞれに合った指導を行うことが大切です。また、選手が自分自身で考え行動できるように、自己評価や目標設定の機会を設けることも推奨されます。

走高跳を上達させるには、体力と筋力の向上、技術の習得、メンタルの強化が必要となります。また、指導者からは個々の特性を理解した上での適切な指導が求められます。これらの要素を踏まえ、練習に励むことで、より高く飛ぶことが可能になるでしょう。

具体的な練習方法や指導方法について

詳細はこちらをタップまたはクリック

タイトルとURLをコピーしました